家の土台作りが始まりました

今朝は早くからトラックがとまりました。 初めての現場なので早めに来たようですが 8時までは車の中で待っていてくれました。 住宅街なので早朝の工事開始は まずいと思ったのでしょうね。 驚いたことに職人さんは一人だけでした。 一人で木の柵をうち、距離を測りながら どんどん仕事を進めていきます。 10時頃には 現場監督さん…

続きを読むread more

平屋住宅の建築開始

明日から着工ということですが 今日は仮説トイレと写真のように 敷地にグルッとタマホームの看板かと 思われそうな柵が作られました。 かなり派手です! 近所の人の話では 今はどこのメーカーもこうすると言うのですが 始めて見た時は ちょっと驚きました。 こういうのは嫌がる人もいるのではないかと 思うのですが、そうでもない…

続きを読むread more

平屋の問題点1 電気が引き込めない?

解体工事が終わった後、下水、雨水用のパイプの埋め込みも終わり家の形に白いテープが張られています。 上から見下ろしてみると庭も結構あるように感じますが、実際に家が建ってみると かなり狭くなるような気がします。 明後日から いよいよタマホームでの建築作業が始まります。明日、タマホームの現場監督と近所の挨拶回りをすることになっています…

続きを読むread more

解体工事終了 セントラルクリーンさんに感謝!

ついに解体工事が完了しました。 家を壊すだけでなく 30年以上前のブロック塀を切るという面倒な作業を 頼んでしまったので、本当に大変だったと思います。 切るときにボロボロ崩れてしまうので 丁寧にやったので時間がとてもかかりました。 それでも崩れてしまったブロックは 新しいブロックで作り直して下さいました。 昨日のブロ…

続きを読むread more

地盤調査とブロック塀のカット作業

朝一番で地盤調査の方が見えて 機械で地盤の強度を調べていきました。 これで地盤補正が必要となると 費用がかかってくるので ドキドキです。 平屋といっても 今の基準は厳しいですから 過去に水害にあった地域ですので ひっかかる可能性は大です。 後日 タマホームの方から連絡がくるそうです。 今日もまた暑い中、 解体屋…

続きを読むread more

解体工事は安かった

解体がすすみ、土台が撤去され 沢山あった大木の根が掘り起こされ ほぼ更地状態になりました。 まだ6m道路側の旧玄関と階段が残り 工事の人の話では 土も再度掘り起こして 更に綺麗にして 明日 完了するそうです。 猛暑の中、一生懸命仕事をする姿に 頭が下がる思いでした。 これで儲かるのかな?と思うほど 手間のかかる作業…

続きを読むread more

解体工事の値段

今日は更に暑い日でしたが 解体屋さんたちは頑張って作業を続けました。 土台を壊し、沢山の廃材を仕分けしていました。 写真では分かりにくいかもしれませんが アルミ、コンクリート、鉄などに分けられて 積み上げられています。 分別ゴミになり、解体屋さんの作業は 昔とは相当に変わったと思います。 タマホームから解体工事に1週…

続きを読むread more

解体工事に機械が参入して2日目で家がなくなりました

機械が参入して2日目の今日は かなりの騒音が続きました。 よその家には迷惑でしょうが 私達には 騒音も新しい家への道ですから 聞いているだけで 何をしているのだろう?と ワクワクしてきます。 幕で2階まで覆われているので 隣に住んでいても 中の様子が全く分かりません。 唯一 機械を入れるために幕を張っていない場所に行…

続きを読むread more

解体工事に機械が参入しました

今朝は8時頃から 職人さんが沢山来て 工事が始まりました。 12時頃 何をやっているのだろうと見てみたら 2階まで幕をはっていて見ることが出来ません。 午後からは 物凄い騒音が始まりました。 (☆注 隣に家を建ています) 我が家は自分の家だから良いけど 周りは大丈夫だろうかと ちょっと心配になりました。 でも近所も建…

続きを読むread more

丁寧な解体作業

お盆明けの17日から解体工事が始まりました。 一昔前の解体工事というと  機械でバンバン壊すという感じでしたが 今はゴミの分別が煩くなっているので 機械だけで壊すなんて  とても出来なくなっているようです。 家の中だけを丁寧に 手作業でやって 窓のアルミと木材だけにして それから機械の登場となるのです。 外から見る…

続きを読むread more

老後用の平屋住宅を建てます!

現在 居住する家は、2階に台所、居間があり28年間、日当たりの良い生活を満喫してきました。 周りの家は 日中はほとんど1階にいる訳ですから近所の騒音も少なく、本当に快適に暮らしてきました。 ところが2007年に膝の手術をし一日に何度も階段の上り下りをしなければならない住宅で、これからの老後を暮らしていく事に不安を覚えるようになり…

続きを読むread more